本庄市で建てるなら!至極の注文住宅ガイド集

サイトマップ

本庄市で注文住宅建てるなら必見のガイド » 本庄市の家づくりABC~補助金から展示場まで » 注文住宅会社の選び方

注文住宅会社の選び方

長く快適な家をつくる注文住宅会社の選び方

本庄市には、注文住宅を扱う会社がいくつもあるので、どこに依頼しようか迷っている方もいらっしゃることでしょう。

注文住宅ですから、自分たちの希望を具現化してくれる会社を選ぶことも大切ですが、「いつまでも快適に暮らせる家を建てられる技術力」も判断材料となるでしょう。

そこで、こうした技術力のある注文住宅会社の選び方のヒントをいくつか紹介しましょう。

話題の「省エネ住宅」に強い注文住宅会社を選ぶ

ここ数年、生活するうえで使用するエネルギー量を抑えられる「高気密・高断熱な省エネ住宅」に人気が集まっています。

特に本庄市は夏と冬の温度差が大きい地域のため、他の地域より光熱費が高くなることも珍しくありません。

高気密・高断熱な省エネ住宅は、「夏涼しく・冬は暖かい」快適な住環境を、エアコンなどを使わず建てられますので、お財布にも環境にもやさしい住まいなのです。

高気密・高断熱を示す「UA値」「C値」

高気密・高断熱な省エネ住宅を検討される方なら、「UA値」「C値」という言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか。

UA値(外皮平均熱貫流率)とは、家の断熱性能を数値で表したものです。

家の中の熱は、壁や窓、床などから逃げていきます。この熱をできるだけ逃げないようにした住まいこそが断熱性能の高い家であるということ。それを数値化したのがUA値で、この数値が低いほど、断熱性能が高いとみなします。

例えば、UA値が0.6よりも0.5のほうが、断熱性能が高いということになります。

一方、C値(相当隙間面積)とは家全体の隙間がどれくらいあるかを示した数値です。

隙間とは開口部のこと。窓や玄関ドアなどの面積が、家全体の床面積に対してどれくらいあるかを示しています。

C値が小さいほど気密性の高い家であるといえます。

高気密・高断熱の家のメリット・デメリット

高気密・高断熱の家はメリットばかりが目立ちますが、デメリットもあります。

メリット

デメリット

デメリットの解決方法は、換気をよくすること。換気システムの性能をアップすることや、風通しを良くするため窓の位置などを検討しながら家づくりを進めるなどの対処法があります。

こうした点も、きちんと教えてくれるハウスメーカーを選びましょう。

自然素材を使った家も注目すべし

高気密・高断熱の家のデメリットに、「シックハウス症候群の可能性」が指摘されています。

これも、換気をよくすることで解決できますが、それ以前にシックハウス症候群になりにくい家づくりをすることも、対策のひとつでしょう。

そこで注目を集めているのが、「自然素材を使った家」。シックハウス症候群は、建材や内装材などに用いられる有機化学物質が空気中に放たれることが主な原因で、頭痛やめまい、倦怠感など体に悪い影響を与えます。

有機化学物質を含む建材や内装材をできるだけ使わず、無垢材や漆喰といった自然素材を使うことで、シックハウス症候群から守れます。

自然素材を使った家のメリット・デメリット

自然素材を使った家は、木のぬくもりや香り、風合いなどを楽しめることもメリットです。
その一方で、デメリットもあります。

メリット

デメリット

自然素材ですから、色のばらつきや変色があっても当然で、それが「風合い」を楽しむことにつながります。

また、乾燥による影響は建材選びの際に注意することで防げますので、ハウスメーカーと相談しましょう。

省エネ&自然素材の家に強い会社を選ぼう!

一年を通して、健康的で快適な暮らしが送れる注文住宅とは、「高気密・高断熱の家」であり、「自然素材を使った家」であることが、お分かりだと思います。

こうした家づくりに強みを持っている注文住宅会社を選ぶことにより、健康と快適な家をベースに、自身の好みを反映させていく「本当に欲しい注文住宅」が手に入るのではないでしょうか。