本庄市で建てるなら!至極の注文住宅ガイド集

サイトマップ

本庄市で注文住宅建てるなら必見のガイド » 注文住宅でこだわりを上手に実現するために » 注文住宅で二世帯住宅にするメリットやデメリットとは?

注文住宅で二世帯住宅にするメリットやデメリットとは?

注文住宅は、自分のライフスタイルや理想の生活に合わせたオーダーメイドで家づくりができるのが魅力です。

ここでは、祖父母、もしくは父や母との同居を考え二世帯住宅を検討している人に向けて、注文住宅で二世帯住宅にするメリットとデメリット、また3つのタイプの間取りをご紹介します。

二世帯が一緒に暮らすメリットとデメリット

以前は、祖父母と共に生活する二世帯住宅は珍しくありませんでしたが、ライフスタイルの変化により、「同居はむずかしい」という声もあがっています。

ここでは、親世代と子世代が同居することによるメリットとデメリットを調査した結果をまとめました。

二世帯が一緒に暮らすメリットとは?

二世帯が一緒に暮らすデメリットとは?

二世帯住宅のメリットとデメリット

二世帯住宅のメリット

二世帯住宅では、自身の家庭と祖父母の家庭が住むので広さがある家が必要となるでしょう。そこで、1件当たりで計算するならば建築費用も高くなります。

しかし2棟建設する場合や、部屋をどこかで賃貸することを考えると、トータルでかかるコストを抑えられます。

また光熱費の基本料金もまとめられるので、家全体の光熱費も節約が可能です。また共働きをしている夫婦でも、祖父母からの子育てのサポートを受けやすいのも、二世帯住宅のメリットです。

二世帯住宅のデメリット

二世帯住宅のデメリットとして、食事や入浴の時間が異なるというものがあります。同居しているタイプの二世帯住宅では、家族が多くなるので、入浴の順番や生活スタイルの違いから生活音が気になる可能性が出てしまいます。

さらには同じ家にいることから、プライバシーの確保がしにくいこと、気を遣うことが増えるのは二世帯住宅のデメリットです。

二世帯住宅の3タイプとは?

二世帯住宅といっても、その間取りや家の構造は1種類だけではありません。3つのタイプがあるので、ここでは、二世帯住宅の3タイプを紹介します。

完全同居型

完全同居型では、一戸建てに二世帯で同居します。家の中の設備も、二世帯で共有するので建築費用は安くなります。しかしプライバシーが確保しにくいことや、光熱費を世帯別に分けにくいことなどが懸念点となるでしょう。

しかし家族みんなで過ごせるので、心豊かに家族生活ができたり、祖父母との交流から子育てがしやすい間取りとなります。

部分共用型

部分共有型では、玄関や浴室などの一部を共用するのですが、世帯別にゾーンを分かる構造です。適度にプライバシーを保ちながらも、建築コストを抑えられる間取りとなります。例えば、1階は親世帯が入居し、2階には子世帯を配置するという間取りが良く採用されます。

設備を共用するので、どこを基準に間取りを分けるのか、また生活音がどこまで響くのかが設計の際のカギとなるでしょう。注文住宅なら二世帯住宅にするために必要な配慮ができるので、配置を工夫することで部分共用型も採用できるでしょう。

完全分離型

完全分離型では、別の世帯として生活できる間取りとなります。生活においてすべての設備が別になるので、生活習慣が干渉するというトラブルも起きにくい間取りです。しかし建築のコストの面では、設備が2件分かかることがデメリットです。

例えば、完全分離しながらも、家の内部で行き来できる場所があったり、窓越しに見える部屋を配置しておくとお互いを見守り合える家にできます。完全分離型であっても、間取りを工夫できる注文住宅なら、お互いの世帯が満足できる間取りにできるでしょう。

理想の注文住宅のためにプロに相談しよう

二世帯住宅と言っても、間取りや世帯の生活環境の確保の仕方が異なります。理想の二世帯住宅にするには、お互いの暮らし方を確認しながら、間取りや家の作りを考慮することが大切です。

理想の住宅にするためには、どのように注文住宅を設計できるのかを知り尽くした設計士や工務店に相談することをおすすめします。

30~40代におすすめの
本庄市の注文住宅メーカー
天城屋
天城屋のキャプチャ 天城屋のキャプチャ

最高水準の断熱性能を持つ省エネ住宅で一年を通して快適な住まいを実現

住宅の住宅の断熱性能をチェック

  • UA値:0.4
  • C値:0.2
コスモ建設
コスモ建設のキャプチャ コスモ建設のキャプチャ

顧客と建築士とが二人三脚でデザインする注文住宅プランを展開

住宅の住宅の断熱性能をチェック

  • UA値:0.5
  • C値:0.5

C値とは「どれくらい家にすき間があるのか」を示した数値です。C値が低いほどすき間が少ない家であることになります。

Ua値とは「どれくらい熱量が家の外に逃げやすいのか」を表す数値です。Ua値が低いほど断熱性能が高い家であることになります。