本庄市で建てるなら!至極の注文住宅ガイド集

サイトマップ

本庄市で注文住宅建てるなら必見のガイド » 注文住宅でこだわりを上手に実現するために » ペットと暮らす注文住宅

ペットと暮らす注文住宅

人間とペットが共に快適に暮らせる注文住宅づくりの工夫について紹介しています。設計を考える前におさえておくべきポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

人・ペットにとっての「快適さ」は異なる

人間が快適だと感じるものも、ペットにとってはそうではないケースは多々あります。気付かないうちに、ペットの身体にダメージを与えてしまう、あるいは、習性をおさえつけてしまうような間取り・デザインの住宅は避けたいところです。ペットと共に快適な日々を送れるような注文住宅に必要な工夫とは何なのか、最もポピュラーなペットである犬と猫を想定した注意点を見ていきましょう。

犬・猫のための工夫

ペットの足にやさしい素材の床と、なだらかな階段のある住宅が理想的です。

「床」は肉球に優しく

犬や猫は人間のように靴下やスリッパで足を保護することができません。肉球はデリケート部分なので、少しでも負担をかけない素材を選択してあげましょう。

ツルツルと滑りやすい素材はNGです。ペットが主に過ごすスペースの床は、コルク材やペット用コーティング加工が施された「グリップ感」のあるタイプにすることが大切です。

階段はできる限り緩やかに

屋内で激しく動き回ることが犬や猫には、ゆるやかな階段が適しています。それは、飛び降りたりする際、肉球や脚、腰への衝撃を緩和できるためです。同時に、高齢者や妊娠中の女性にやさしいデザインにもなります。ただし、段数が増えてしまうのが、ゆるやかな階段のデメリットなので、元気な方からすると少し不便に感じるかもしれません。

犬と暮らす注文住宅

特におさえておくべきポイントが2つあります。

足を洗うスペース

散歩から帰ってきたら、犬を家へ上げる前に足をきれいに洗うスペースがあると大変便利です。そのため、ペットの出入り口となりそうな場所(玄関や勝手口、窓の脇など)に蛇口を設置するとよいでしょう。可能であれば、水をすこし溜めておける枠も設置して、犬が自由に水を飲めるようにしておくのもおすすめです。

フィラリアを予防する工夫

犬の死因として上位に位置しているのが、蚊に刺されることで発症するフィラリアです。そのため、犬が過ごすスペースには、防虫効果のあるヒノキチップを使用するとよいでしょう。消臭効果も期待できるので、犬にも人にも嬉しい一石二鳥の素材です。

猫と暮らす注文住宅

猫の習性に寄り添うようなデザインを考えます。

キャットウォークなどの設置

猫は立体的な運動や動きを好んで行う習性があります。この習性をしっかりと受け止めてくれるのが、キャットウォークやキャットタワーです。キャットウォークを注文住宅のデザインに取り込むのが難しい場合は、代わりに、段違いの棚などを設置するのも有効的です。

テリトリーを意識

猫はテリトリー意識が強めなので、「自分だけのスペース」をぜひ用意してあげてください。また、テリトリーをアピールする手段として、爪とぎを行う習性があります。麻縄を巻いたり、麻縄パネルで覆ったりして「爪とぎスペース」を作っておくと、猫のストレスが溜まりにくくなります。

30~40代におすすめの
本庄市の注文住宅メーカー
天城屋
天城屋のキャプチャ 天城屋のキャプチャ

最高水準の断熱性能を持つ省エネ住宅で一年を通して快適な住まいを実現

住宅の住宅の断熱性能をチェック

  • UA値:0.4
  • C値:0.2
コスモ建設
コスモ建設のキャプチャ コスモ建設のキャプチャ

顧客と建築士とが二人三脚でデザインする注文住宅プランを展開

住宅の住宅の断熱性能をチェック

  • UA値:0.5
  • C値:0.5

C値とは「どれくらい家にすき間があるのか」を示した数値です。C値が低いほどすき間が少ない家であることになります。

Ua値とは「どれくらい熱量が家の外に逃げやすいのか」を表す数値です。Ua値が低いほど断熱性能が高い家であることになります。